<< 次回作 | main | Myspace >>
2018.07.04 Wednesday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2008.09.07 Sunday

    想い

    0
      ・前回このブログでWEBのリニューアルをしたいと書いたところ、山形出身のSさんが快く引き受けてくださった!Sさん本当に感謝です!

      ・次回作、山口晋似郎さんの「郊外」も制作順調。来週からジャケットの組み立て作業を開始できる。リリースが我ながら待ち遠しい。現在も作品を聴きながら書いている。
      今回の作品はCherryとしては初の日本人ソロアルバムであり、初(CD-R作品を除けば)のフィールドレコーディングが使われていない作品。これまではフィールドレコーディングに焦点を当てて展開してきたCherryにとっても新たな1歩となる作品だと思う。

      自分の勝手な思いとして、フィールドレコーディングという空間のフレームワークに限りない可能性とその音の中に概念転回を見出せた。超写実的な作品に自分は輪郭が強すぎて虚構の世界が拡がっていることに面白さと同時に恐怖にも似た感覚を覚えた。アーティストの視点と自分の視点がリンクするときのゾクゾクするような感覚がたまらないのだ。

      山口さんの「郊外」はオーディオ・ミキサーのフィードバックで演奏した作品。
      彼曰く、自分の身の周りの環境を切り取るのではなく、描くこと、つまり楽器を用いてデッサンをした作品である。
      油彩や水彩のような絵画のように色を着色しないシンプルで、ラインの1線1線が繊細に描かれているデッサンは聴けば聴くほど底の見えない深さを感じる。「点と線」が結ばれていき、紡ぎだされていく情景は明らかに「重力」を感覚として捕らえているよう。
      なによりも山口さんの音のセンスには脱帽だ。

      ・今日(昨日か)もし東京にいたら観たかった!川口貴大と山口晋似郎のバンド「Hello」この二人が組んで良くない訳がない!直嶋さんと平間さんの「人数」もFtarriフェスの時の演奏も興味深かった。見に行けた人がうらやましい〜!

      2008.9.6(sat)「人数、Hello、弓射」 @Loop-Line
      人数 、Hello 、弓射 、川口貴大 、直嶋岳史、平間貴大、古立太一、山口晋二郎 、神田聡

      ・続いて、これは必見ですよ!東京の皆さま!
      この面子だけでわくわくしますねー!時間があったら絶対観た方が良いと思います!

      村山政二朗、ユタカワサキ、川口貴大、宇波拓カルテット
      2008.9.10(wed)
      「村山/カワサキ/川口/宇波」 @Loop-Line
      午後7時30分開場、8時開演
      2000円


      2018.07.04 Wednesday

      スポンサーサイト

      0
        Calendar
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << January 2019 >>
        PR
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recommend
        Recommend
        Rhythm
        Rhythm (JUGEMレビュー »)
        オムニバス,ウォルター・ティルグナー,ピーター・キューザック,エリック・ラ・カーサ,ローランド・エツィン,ジェズ・ライリー・フレンチ,Takahiro Kawaguchi,デール・ロイド,Takefumi Naoshima,ラッセ-マーク・リーク,Sawako
        Recommend
        Recommend
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM